年に一度は内視鏡による大腸の検査を

日本人が病気で亡くなる場合の病名としまして、トップ3にランクされていますのが癌です。その中に於きましても昨今増加傾向にあるのが大腸癌ですが、原因としましては肉などを中心とする食生活の欧米化があると言われています。しかしながら、医学の進歩は目覚しく癌という病気は、以前でしたらば不治の病と言われていましたが、昨今では発見さえ早ければ多くの場合には治癒する時代となり、当然の事ながら発見が早ければ早いほど、簡単な治療で治癒が可能となり、肉体的にも経済的にも精神的にも、負担は軽く済みます。そのためには最低限の検査は定期的に行う事が必要となってくる訳ですが、内視鏡による大腸の検査に関しましては、年に一度は受診しておくべきであると言えるでしょう。軽微なポリープなどであれば、検査と同時に処置が済んでしまう場合もありますので、是非受診しましょう。

大腸の内視鏡も前ほど辛くなくなりました

大腸検査で何が一番いやかと言うと内視鏡による検査が嫌で受けない方が多くいらっしゃいます。おそらく内視鏡での検査の経験者の方々から、検査のやり方などを聞き、嫌になってしまう方が多いい用です。最近では、内視鏡の管の太さなども以前より細くなり、肛門からも入りやすくなっています。多少の麻酔のような薬も投与して下さいますので、辛さは和らいでいる用です。また、若い方などは恥ずかしくていやだと言う方も多いいですが、最近はきちんと着衣して、おしりの部分だけですので、考えているより恥ずかしい事などありません。近年では大腸がんになられる方が多くなっていますので、一度は検査をする事をお勧め致します。一度経験してしまえば、2度目からは、検査のやり方が解りますので、そう以前ほどは、不安は無くなってきますので、是非一度大腸の検査をして置く事が大切です。

大腸は内視鏡検査から出来ます

内臓の中で繊細な心の動きに反応するのが、腸と言われています。それは大腸と小腸に別れた内臓です。その役割は、食べた食品の消化と吸収にあります。また体に不要な排出物を体内から出す役割もあります。ですから重要な臓器として、日頃の検査が必要です。その大腸の長さは、日本人は欧米人に比べて長くなっています。その為に疾患の発生が多くなっている疾病状況があります。その為に定期的な検査を行うことが大切です。その検査方法には、内視鏡から腸内の状況を見る方法があります。その検査方法は、大腸癌の早期発見にも役立ちます。それは麻酔薬等を使う事で、無痛の検査として大きな病院で行われています。その為に癌細胞を見つける事が、容易に可能です。また内視鏡での検査から癌の要因となるポリープの発見が出来ます。それは、日帰りや一泊入院からポリープ除去を行う事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*