大腸内視鏡をしての結果

知人は、大腸内視鏡の検査を受ける際、何度も薬入りの水を飲んで、便を出して、というのを数時間くりかえしたようです。そして、やっと最後の便(ほぼ透明な水)が出て医師からOKをもらい、内視鏡検査をしたものの、こちらもはじめての経験に大分緊張やふるえを感じたようです。そして、カメラの映像を確認しながらいろいろを話を聞くのですが、血の気の引いていくような感じがしてき、貧血症状になり立てなくなってしまいました。検査終了後もしばらくベッドで休ませてもらっていたそうですが、やはりそこは病院で適切な点滴や処置をしてもらい、すぐに元気になったようです。そして、再度大腸内視鏡の結果を伝えてもらい、良性だったけれどポリープができていることを伝えられました。少し苦しくてしんどい検査ですが、病気の早期発見につながるのでおすすめということです。

大腸における内視鏡検査の仕組み

大腸における内視鏡検査については、最初に肛門より挿入して、盲腸まで挿入していきます。その後に関しては、内視鏡を引き戻していく場合に診察を行っていきます。そして、診察による場合は引き戻していくだけですので苦痛に関してはあまりありません。しかし、患者における皆様によって、大腸に関する形状や長さ、曲がり方などによる違いがあるため、多少による痛みの度合いに関する差はあります。しかも、挿入時に関する技術が必要となってくるため、内視鏡専門による熟練医師が行っていきます。また、食事制限はございませんが、前処置として下剤を使用しながら、腸内についてきれいにしていきます。そして、従来より行われてきているバリウム検査との大きな違いについては、専門医の目によって大腸内部を直接観察することができるところです。そのため従来の検査においては発見していく事が困難であったような、数ミリ程度による小さな病変について発見することができる事が特徴となっています。

内視鏡を使用する大腸検査とは

内視鏡を使っての大腸検査は、従来の便潜血検査やバリウム検査に比べて、格段に大腸ガンに代表される病原の発見に最適です。検査を行う為には大腸の洗浄が必要です。専用の薬を用いて大腸の内部を綺麗に空にした後に、カメラを肛門から挿入して、直腸から続く大腸全体を直接目で確認します。多少の手間と抵抗感がありますが、要検査になった場合は必ず内視鏡検査を行う為、大腸の病気には必須の検査です。内視鏡を用いることで、大腸組織の一部を採取し病理検査を行ったり、又、手術に利用することも可能です。通常の検査は20分程度で済み、過度の痛みを伴わないのが普通です。しかし、癒着があったり、元から大腸が一般的なサイズよりも長い場合等には、苦痛と痛みを伴う場合があります。その場合は麻酔や鎮痛剤を使い、痛みを軽減します。また、熟練の専門医に検査を依頼するのも、痛みを軽減する有効な手段の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です