大腸の内視鏡で気をつけた事

大腸の内視鏡を1度だけ受けた事があります。その時に気をつけた事を書きます。それは、食事です。友人が受けた時は、2日前にラーメンを食べてしまったそうで、下剤を飲むのが大変だったと言っておりました。消化に悪い物を食べてしまうと、下剤を飲むのが大変になると言われていたので、食事は本当に気をつけました。4日前から、お粥とうどんしか食べておりません。お腹が空いてしまったら、水しか飲まないで、生活をしておりました。凄くこれが辛かったです。しかし、下剤を飲む量は、一番少なかったので、本当に楽に大腸の内視鏡検査を受ける事が出来ました。人気の病院だったので、痛みなども感じる事なく、凄く簡単に検査を終える事が出来ました。今後も、健康診断などで大腸の内視鏡検査を受ける事がありますが、同じように気をつけて、楽に検査をしたいです。

大腸の内視鏡検査で分かること

大腸の内視鏡検査を受けることで、様々な病気を早期に発見することができます。代表的なものとしては、大腸がんが挙げられます。症状が現れにくいため、なかなか自身で気づくことはできない病気です。そのため、このような検査によって初めて分かったということがよくあります。早期発見できれば、重篤な状態にならずに完治させることも可能です。また、最近、増えてきていると言われている痔も見つけることができます。場所が場所なので、特に若い女性などは病院を受診することができにくくなっています。しかし、放置していると、どんどんひどくなってしまうこともあるため、注意が必要です。内視鏡検査によって、どんなタイプの痔なのか、どの程度の状態になっているのか、簡単に知ることができます。このように、大腸に関連する様々な病気は、内視鏡検査でほとんど知ることができます。

大腸の検査内視鏡は、先生の評判を聞いてから

大腸の検査を内視鏡でする時、良く耳にする言葉は、苦しかったとか、痛かったと言うことです。それでなくても、大腸の内視鏡検査は、食事の制限や病院に行ってから大量の水を飲まなければならなく、大変嫌な気分をする検査です。誰しも出来るものなら楽に検査したいと思っていますよね。そこで、何人かの検査した人に評判を聞いてから受ける事をお薦めします。色々聞いてみると、上手い下手があるようです。リサーチしたうえで一番良かった先生を指名して診察してもらいました。指名されたことで、先生も喜んで検査してくれました。もちろん、診察してもらった本人も評判を聞いてから検査してもらっていますので、気分的にも楽に検査できます。今は、ネットで評判を調べる事が出来る時代、患者さんが先生を選ぶ事ができます。検査を受ける前に、評判を聞いてみてください。

胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 料金はクレジットカードやPASMO・Suicaで払うことが出来るので、手持ちがないときでも安心して治療を受けることが出来ます。 経験豊富な内視鏡検査と一人一人に合った量の鎮痛剤の投与によって、苦しくない無痛の内視鏡検査を安全に行っております。 大腸内視鏡の日帰り手術を行っております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*